子作りのコツには、どんなものがあるの?
子作りのコツには、どんなものがあるの?

なかなか授からない・・・子作りのコツなんていうものはあるの?

98ae39b6f246390b0a9314bb5c883a00_s

ベビーを授かること・・・それは自然な行為で自然に宿るもの、と考えたほうが気が楽なのでしょうが、年齢的にも焦っているという女性が多い昨今、なかなか授からなくて焦っているというケースもあります。

そんな夫婦には子作りのコツなどを知っていれば教えてあげたいものです。そのようなコツはあるのでしょうか?

まず、基礎体温を測ることが一番の目安となります。少なくとも2か月、3か月は基礎体温を測りましょう。

そして排卵日を知ることから始めます。女性が中心となる方法ですが、基礎体温をつけていると変化がすぐにわかりますからつけておいて損はしません。

基礎体温を測るのは基礎中の基礎

また、排卵日をそれで予測して性交渉を行って、それで授からない、と1回で思っても、それは仕方ないと思いましょう。

赤ちゃんが宿る確率を知っていますか?排卵日に性交渉を行ったとしても60%しか妊娠出来ないのです。それには色々事情があり、卵子が老化していた、着床する前に流れてしまった、などがあります。

ですから排卵日に性交渉を重ねてもなかなかベビーがやってきてくれないという場合、2年くらいはかかると思っておいたほうが良いです。

2年以上子作りをしていて授からない場合は不妊治療の対象になりますから、そのようなケアを行っているクリニックに足を運ぶことになります。

たいていは2年以内に妊娠をすることが出来ると言われていますから、基礎体温を測り、排卵日をチェックすることから始めましょう。

男女共に体質改善から始めること?

新婚当初は2人きりの生活を満喫したい、と思っているカップルも、年月が経つとベビーが欲しいと思ってくるものです。

そんな時、欲しいから、といってすぐに子宝に恵まれることはありません。稀に欲しいと思ってすぐに出来てしまう女性も多いのですが、たいていは半年から1年かけてようやく授かるものです。

それでも不妊治療を受けないより全く健康的な授かり方です。しかしなかなかベビーがこないとなると、妊娠しやすくなるコツやポイントが気になります。

どうしてあの人に出来たのに私には出来ないの?ということです。まず、最近では冷え性の女性が増えました。そしてストレスを抱える仕事を続ける女性も増えてきました。

これが最も子作りを遮っているものかもしれません。ストレスはオフィスで受けるものなので多少は仕方ないかもしれませんが、冷え性などは体質改善していきましょう。

fgdgffffff

体質改善をして妊娠しやすい体作りをしていくこと

体質改善することによって妊娠しやすい体作りをすることが出来ます。出来ればパートナーにも協力をしてもらう必要があります。

例えば会社と自宅を行き来するだけ、という女性は軽い運動から始めてみましょう。ウォーキングなどは始めやすいので適しています。血流がよくなり、冷え性改善に期待出来ます。

またしっかり湯船に浸かって体を温めることも必要です。夏だからといってシャワーだけで済ませないで、しっかり湯船につかり、汗を流して老廃物を排出するようにしましょう。ドリンクは温かいものを飲む、を徹底すると良いですね。

▲ページトップに戻る